職歴書は上手に作成することを常に意識しよう

転職しようとか就職しようと思ったときに書く必要がある「選考書類」は、私たちの裁量に任せられる部分とそうではない部分があります。

多くの会社が採用している紙ベースの選考書類や、全てデジタル化された選考書類など様々ですが今回は前者をテーマにどのように書いていけば良いのかを見ていきましょう。

指定されている書類とそうでない書類

選考書類の二大巨頭たる「履歴書」と「職務経歴書」には、本当はこれといった決まりがあるわけではありません。
なぜならば、契約書類でもなければ法律的な意味をなす書類ではないためがちがちに書き方を決める必要が無いからです。
もっとも履歴書はフォーマットが作られ、大量に販売されていることからそちらを利用するという方が多いでしょう。
ということは経歴書については自分で何かしら書き方を考えなければならないということになります。

経歴書は面接官一人が見るわけではなく、採用に携わるいろいろな人がチェックします。
できることならば、特に指示が無い限り経歴書はパソコンで作ることをオススメします。
手書きですとどうしても字が汚くなるとか、パッと見たときの印象が悪くなる傾向にあります。
多くの人が見る書類は美しく作りましょう。

見出しや時系列を正しく列記する

職務経歴書を作成すると、自分がやってきた仕事だけを列記して付け添えに自己PRを書くだけという方がいらっしゃいますがこれは少なくとも良いとはいえません。
仕事を列記する前に、ここからがやってきた仕事の内容だと言うことがわかるよう見出しを付す必要があります。
また、いつからいつまでその会社に勤めていたのかという情報も記載しましょう。
自己PRは、適切に段落を分けて書きましょう。

推敲も忘れないようにする

書類が一度できあがったら必ず全て読み返し、おかしなところが無いかをチェックしましょう。
もしも「ここが読みづらいな」という点があったら、必ずその部分を読みやすい形に変更しましょう。
推敲を忘れると「残念な書類」に分類されてしまいますよ。

上手に書くことを意識しよう

経歴書を作るときにはそれほど肩肘をはらなくて良いのですが、上手に作ることを意識してください。
これから採用してもらうという状態なのに、完成度の低い書類では失礼だからです。