美しい筆体のように気持ちの良い職歴書を書きあげてみよう!

パソコンが登場する以前の時代、私たちは文房具に様々なことを求めていました。
少しでも早くかけるように、加除修正が便利になるようにとあれやこれや開発してきたのです。
ところがパソコンの登場によってそのような役割をパソコンが一手に担うようになり、すっかり文房具の発達は勢いを失いました。

就職に当たって作成しなければならない書類関係は、皆さんが想像するとおりパソコンで作成することが可能です。
表形式になっている履歴書や、見出しを付して美しく作り上げたい経歴書などはパソコンがもっとも得意とする分野の書類になります。
けれども、中にはこうした書類を手書きで作らないと就職に大打撃を与えるという噂があります。
どこまでが本当なのでしょうか。

実はこの噂、会社によってまちまちだといわれています。
普通の中小企業ではそのようなことは気にせず、単に書類に書いてあることをチェックしパソコンか手書きかは問わないというケースが多いです。
一方大企業ともなりますと「やはり手書きじゃないとその人の人間性がわからない」という役員さんがいらっしゃって、どうしても全てを手書きにしなければならないということがあるのです。

必ず求人票をチェックしよう

では、パソコンにするか手書きにするかを選ぶ際にはどうしたらよいのでしょう。
それは「求人票」をチェックするに限ります。
今時パソコンで作った履歴書や経歴書を会社に送る人が多く、手書きはちょっと手間をかけたい人ぐらいです。
となりますと、何度か求人を出したことのある会社からすれば「選考書類は手書きでもらいたい」と思っているなら求人票にその旨を書いてくるからです。
選考書類は手書きに限るというような旨が書かれているのであるならば、その会社に対しては特別に手書きにしてあげましょう。
それ以外はパソコンで印刷し、サッサとたくさんの会社に送ってしまえばかまいません。

たくさんの人が見るものだけど

選考書類は会社の内部でたくさんの人が見るものになります。
けれども、手書きで作らなければならないという会社は何らかの意図を持って書かせていることが多いです。
もしもそのような会社に応募する際には、ぜひとも美しい文字で書いてあげてくださいね。